(C) Designroom RUNE
総計- 本日- 昨日-

{column0}

宇野千代の『色ざんげ』を読む(愛は恐い)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ヨーロッパ帰りの新進画家・湯浅譲二の前に、西条つゆ子が現れる。 湯浅には妻子がいるが、彼はどんどんつゆ子にのめり込んでいく。

そんな関係をつゆ子の家の者が認めるわけはなく、しばらくすると彼女は家の者の手でどこかに隠されてしまうのだった。

それからの湯浅が大変だ。 それこそ狂ったように、つゆ子を探しはじめる。 つゆ子の家の前に部屋を借りて四六時中彼女の家を見張る。 こうなると正真正銘のストーカーだが、つゆ子も湯浅のことを強く慕っているのだから、ついつい二人を応援したくなる。

そして、とうとうつゆ子の居場所を突き止めると、湯浅は、なりふり構わずに、それこそ命がけで会いに行く。 ・・・そして、二人は再会。

と、ここまででも十分面白いが、 『色ざんげ』 の佳境はこれからだ。道を外してしまった二人は、どうなるでしょう? 

一言、「 愛は恐い」とだけいっておこう。


『色ざんげ』 について

宇野千代36歳の時の作品。 東郷青児とお茶の水出の海軍少将の令嬢との心中未遂事件が題材になっている。 宇野東郷から直接詳細を聞いてこの作品を書いた。(今日の馬込文学/東郷青児の心中未遂と 『色ざんげ』→

昭和8年〜10年 「中央公論」 に連載され、昭和10年、中央公論社で単行本化。文体社版(昭和21年) 、中央公論社版(昭和59年 新装版)もある。 文庫本には、新潮社版(昭和24年) 、河出書房版(昭和30年) 、角川書店版(昭和30年) 、潮出版版(昭和48年) がある。 英訳、米語訳、フランス語訳もあり。

馬込文学圏も舞台になっている。 「大森の山の手」 とあるので山王2丁目あたりか。

■ 作品評
・ 「私の書いたものの中で、一番面白い」 (宇野千代
・ 「俺が見ては悪い様な本」 (尾崎士郎<著者の元夫>)
・ 「この作品は最後の一行まで僕の話したことだ」(東郷青児<『色ざんげ』執筆時の伴侶>)

宇野千代『色ざんげ(新潮文庫)』 宇野千代『Confessions of Love ※『色ざんげ』の英文版』
宇野千代『色ざんげ(新潮文庫)』 宇野千代『Confessions of Love ※『色ざんげ』の英文版』

宇野千代について

『色ざんげ』を書いた頃の宇野千代 ※「パブリックドメインの写真(根拠→)」を使用しました 出典:『宇野千代(新潮日本文学アルバム)』
『色ざんげ』を書いた頃の宇野千代 ※「パブリックドメインの写真(根拠→)」を使用しました 出典:『宇野千代(新潮日本文学アルバム)』

遊び人の父と、早世した母
明治30(1897)年11月28日、山口県岩国の錦帯橋map→から1kmほどのところで生まれました。で生まれる。 父親は実家が裕福だったため生涯生業につかず遊び暮らした。 母親は宇野が1歳半のとき死去。 継母のリュウは、4人の弟と1人の妹を生んだが、宇野のことも長女としていつも立てて可愛がった。宇野はそんなリュウを心から敬愛し、5人の弟妹とも終世とても仲良くした。

明治43年(13歳)、父親の命令で従兄弟の藤村亮一と結婚するが、10日で逃げ帰る。

文学との出会い
大正3年(17歳)、隣村の小学校の代用教員になり自活。 継母に仕送りできるのが大きな喜びだった。 この頃から 「青鞜」 などを読み、投稿もする。

翌年、同僚との恋愛が発覚して職場を追われ、京城(現・ソウル)に渡るが、翌年帰国。 従兄弟の藤村忠 (藤村亮一の弟) の帝大法学部入学に伴って上京した。 燕楽軒で給仕をしている頃、瀧田樗陰芥川龍之介今東光久米正雄らを知る。 その頃宇野は 「本郷のクイーン」 と呼ばれ、芥川龍之介の 『葱』のモデルになった※1。 大正8年(21歳)、忠と結婚し、札幌に住む。 宇野は藤村兄弟と結婚したことになる。

八面六臂の活躍
大正10年(24歳)、「時事新報」の懸賞小説で 『脂粉(しふん)の顔)』 が一等になり、その後 「中央公論」 に 『墓を発く(あばく)』 を発表。 話題の女流作家になった。

昭和11年(39歳)スタイル社を興して日本初のおしゃれ雑誌 「スタイル」 を創刊。 昭和13年(41歳)には文芸誌 「文体」 を創刊した。 昭和17年(45歳)、 『人形師天狗屋久吉』 を発表。 「聞き書き体」 「語り掛け体」 という文体に磨きがかかる。

終戦後の昭和21年(49歳)、 「スタイル」 を復刊したところ、時代の雰囲気に迎えられて爆発的に売れる。 翌年、「文体」 も復刊、宇野の代表作 『おはん』 が連載された。 昭和26年(54歳)、宮田文子とヨーロッパを旅行、パリを着物で闊歩して注目された。昭和32年(60歳)、シアトルで着物の国際ショーを開催した。

晩年もはつらつ、多くの人に元気を与える
昭和46年(74歳)から、「新潮」 に 『桜』 を連載。 昭和57年(85歳)から、 『生きて行く私』 を 「毎日新聞」 に連載、翌年2巻になって刊行され、100万部を越えるベストセラーになった。 「陰気は悪徳、陽気は美徳」 「何だか私、死なないような気がするんですよ。はははは」 「恋愛はスピードが大切なのよ」 といった名言を残し、多くの人に元気を与えた。

平成8年6月10日、満98歳で死去。 納骨の直前、白い蝶が骨壺に止まり、悠然と飛び立ち、参列者をはっとさせた。 墓所は岩国市の教蓮寺( )。

宇野千代『生きて行く私 (角川文庫)』 『宇野千代(新潮日本文学アルバム)』
宇野千代 『生きて行く私 (角川文庫)』 宇野千代(新潮日本文学アルバム)』

宇野千代と馬込文学圏

大正11年4月15日(24歳)、中央公論社の滝田樗陰(40歳)に会いにいくと、先客で室伏高信(30歳)尾崎士郎(24歳)がいた。 宇野はドモリで飾り気のない好男子の尾崎に一目惚れし、その晩から尾崎が宿泊していた東京本郷の菊富士ホテルで同棲する。

尾崎と馬込文学圏で暮らし始めるのは翌大正12年の3月頃(25歳)。 最初、新井宿の下宿屋 「寿館」 に住むが、後に上泉秀信(26歳)の紹介で南馬込(南馬込4-28-11。現在も宇野の表札がある)へ移動、農家の納屋をバンガロー風に改造して住んだ。 そこは 「愛の巣」 「馬込放送局」 と呼ばれ、 連日連夜、酒客で賑わった※2宇野は彼らのために酒を買いに走った。 同年9月1日の関東大震災のおりは、大田山王局(郵便局)から出るとき揺れにあう。 家は無事だったが、朝鮮人の暴動があるとのデマがあり、二人は天井裏に身を隠した。

大正13年(27歳)、吉屋信子が現・大森北4丁目が越してきて親交。大正14年(28歳)、衣巻省三(27歳)が現・南馬込4丁目の自宅でダンスパーティーを催すようになると常連になる(今日の馬込文学/馬込文学圏ダンス事情→) 。大正15年、馬込文学圏入りした広津和郎(35歳)が広めた麻雀にも熱を入れる。

昭和2年(30歳)から湯ヶ島通いを始め、「青空」 の同人の梶井基次郎(26歳)三好達治(27歳)らと交友。尾崎が南馬込4丁目に連れてきた牧野信一(31歳)とも親しくなる。

宇野は断髪・洋装といった新しいファッションを積極的に取り入れ、その影響で、萩原朔太郎夫人の稲子川端康成夫人が断髪した。 木原山には美容室 「メイ牛山」があった。 稲子夫人がダンス仲間の青年と出奔したのは宇野のせいだと萩原の友人の室生犀星は晩年まで宇野を敵視した。

籍を入れていた藤村忠とは大正13年(27歳)に正式に離婚。昭和5年(33歳)、梶井基次郎との仲が噂され、尾崎とも離婚に到る。大森海岸のアパート 「ポプラの家」で一人暮らしの後、東京都世田谷で東郷青児(33歳)と同棲。

作家別馬込文学圏地図 「宇野千代」→


参考文献

●参1: 『宇野千代(新潮日本文学アルバム)』(平成5年発行) P.2-10 ●参2: 『生きて行く私(中公文庫)』(宇野千代 平成4年発行) P.13-24、P.112-114、P.126 ●参3: 『馬込文士村ガイドブック(改訂版)』(東京都大田区立郷土博物館編・発行 平成8年発行) P.6-10  ●参4: 『昔日の客』(関口良雄 三茶書房 昭和53年発行) P.124 ●参5: 『文壇資料 馬込文学地図』 (近藤富枝 講談社 昭和51年発行) ●参6:「大森区詳細図」(日本統制地図株式会社 昭和17年発行)


参考サイト

損保ジャパン東郷青児美術館→
 ※ 『色ざんげ』 の湯浅のモデルになった東郷青児の作品を多数所蔵。
   昭和8年作 『黒い手袋』 は宇野がモデルといわれる

松岡正剛の千夜千冊/『生きて行く私』 宇野千代→

ウィキペディア/宇野千代→
ウィキペディア/東郷青児(平成26年1月13日更新版)→

東京紅団/宇野千代の東京を歩く→

東京紅団/野口冨士男の鈴ヶ森散歩(ポプラハウス編)→

岩国市議会議員 渡吉弘/薄墨桜忌→

Chain reaction of curiosity/小説「色ざんげ」に見る昭和初期の女性のこと→

golbケイコヤオナ/宇野千代論14 暴かれる矛盾‐「色ざんげ」小論→

岩国の観光.com/宇野千代生家→


脚注

※1 : 『葱』 は芥川の大正8年の作品。 レストランで働くおすましな文学少女が、初デートで、とんでもなく庶民的な行動に出るといったユーモア小説。 少女は女髪結いの店の2階に住んでおり、その頃の宇野と共通点が多い

※2 : 酒客には、今井達夫(19歳)藤浦洸(25歳)秋田忠義榊山潤(23歳)間宮茂輔(24歳)吉田甲子太郎(29歳)室伏高信(31歳)上泉秀信(26歳)などがいた。 年齢は大正12年5月時点


※当ページの最終修正年月日
2017.1.6

この頁の頭に戻る