広津和郎

広津和郎

ひろつ・かずお。明治24年東京生まれの小説家。父親は広津柳浪。葛西善蔵らと同人誌「奇蹟」を創刊。楽観も悲観もしない「散文精神」をポリシーにした。『神経病時代』『風雨強かるべし』『年月の足音』など。大正15年から4〜5年まで当地(南馬込二丁目)に在住。戦後、松川事件の被告救済運動の中心に立った。昭和43年(76歳)死去。[馬込文学マラソン]  広津和郎の『昭和初年のインテリ作家』を読む→

※「パブリックドメインの写真(根拠→)」を使用 出典:甘口辛口/実録:広津和郎のヒステリー体験→

戻る 閉じる 「馬込文学マラソン」 のホームページへ