萩原朔太郎

萩原朔太郎

はぎわら・さくたろう。明治19年前橋の開業医の家に生まれた詩人。28歳の時学業を断念し文学を志す。「朱欒」で頭角を現し、第一詩集『月に吠える』(大正6年 30歳)で文壇に大きな影響を与えた。他に、詩集『青猫』、個人雑誌「生理」など。日本の口語自由詩を完成したとされる。当地(南馬込三丁目)には大正15年〜昭和4年。昭和17年(55歳)死去。萩原葉子は娘。[馬込文学マラソン] 萩原朔太郎の『月に吠える』を読む→

※「パブリックドメインの写真(根拠→)」を使用しました 出典:ウィキペディア/萩原朔太郎(平成25年8月30日更新版)→

戻る 閉じる 「馬込文学マラソン」 のホームページへ→