{column0}


(C) Designroom RUNE
総計- 本日- 昨日-

{column0}

人の心に飛び込んでいく(宇野千代、東郷青児のガス心中未遂を取材する)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

馬込文学圏時代の宇野千代 ※「パブリックドメインの写真(根拠→)」を使用しました 出典:『馬込文士村ガイドブック(改定版)』

 

昭和4年3月30日(1929年。 東郷青児(33歳)がお茶の水出の海軍少将の令嬢と、大井町鹿島谷3138(現・東京都品川区大井六丁目)の自宅寝室で、ガス心中を図りました。 未遂でしたが、 東郷は有名な新進画家だったのでマスコミが大きく取り上げました。

かたや、宇野千代(32歳)は、その頃、 『罌粟けし はなぜ紅い』 という小説を書いていて、心中時の緊迫した場面を書くのに手こずっていました。 そこで考えついたのが、近日心中未遂事件を起こした東郷にその時のことを聞くことでした。

かなり大胆な思いつきのように思えますが、あれこれ考えないで、すぐ行動するのが千代さんです。 すぐさま東郷に電話をかけ、トントン拍子に二人は大森駅近くのバー 「白夜」(「白蛾」? )で会うことになります。

そして、会って話した二人はたちまち意気投合、そのまま東郷の東京世田谷の家で同棲生活に入っていきます。 その頃宇野と別れ、鈴ヶ森のポプラハウスで一人住まいでした。考えてみたら、ポプラハウス東郷が心中未遂事件を起こした大井町の家は歩いて行けるほどの距離です。身近で起きた事件なので、宇野は他の事件より関心を持ち、そして、東郷に電話しようと即座に思い立ったのかも知れません。あるいは東郷の心中未遂に触発されて 『罌粟はなぜ紅い』に心中の場面を入れようと思いついたのかもしれません。

ともあれ、宇野は、もうのもとへもポプラハウスへも戻りませんでした。

宇野千代と東郷青児 ※「パブリックドメインの写真(根拠→)」を使用しました 出典 : 『宇野千代(新潮日本文学アルバム)』*
宇野千代東郷青児 ※「パブリックドメインの写真(根拠→)」を使用しました 出典 : 『宇野千代(新潮日本文学アルバム)』

-----------------------------------------------

宇野東郷から聞いた話を元に 『罌粟けしはなぜ紅い』 の心中の場面を書き(昭和5年)、さらには東郷の心中を主題材にした小説『色ざんげ』 を書き上げます(昭和8〜10年)。

『色ざんげ』は宇野が 「私の書いたものの中で、一番面白い」 と自讃する小説です。東郷が心中を図った家は大井六丁目ですが、 『色ざんげ』 では大森になっています。 大井六丁目にしても大森にしても、大森駅から近く、馬込文学圏にゆかりある小説としても興味深いです。

宇野はこのように人の心に飛びこんでいくのが得意で、その人から引き出した話を元にして書く手法(「聞き書き体」)で、かずかずの小説を生んでいきます。代表作『人形師天狗屋久吉』『おはん』もその手法で書かれました。

宇野千代『生きて行く私 (角川文庫)』 新潮日本文学アルバム『宇野千代』
宇野千代 『生きて行く私 (角川文庫)』 新潮日本文学アルバム 『宇野千代
『宇野千代全集 第2巻 小説 2』。『罌粟はなぜ紅い』所収。「罌粟はなぜ紅い」というタイトルは梶井基次郎がつけた 宇野千代『色ざんげ(新潮文庫)』
宇野千代全集 第2巻 小説 2』。『罌粟はなぜ紅い』所収。「罌粟はなぜ紅い」というタイトルは梶井基次郎がつけた 宇野千代『色ざんげ(新潮文庫)』
宇野千代『Confessions of Love ※『色ざんげ』の英文版』 『宇野千代聞書集 ―人形師天狗屋久吉・おはん他 (平凡社ライブラリー) 』
宇野千代『Confessions of Love ※『色ざんげ』の英文版』 『宇野千代聞書集 ―人形師天狗屋久吉・おはん他 (平凡社ライブラリー) 』

■ 馬込文学マラソン:
宇野千代の 『色ざんげ』 を読む→
尾侮m郎の 『空想部落』 を読む→

■ 参考文献:
・ 新潮日本文学アルバム 『宇野千代
 (新潮社 平成5年発行) P.28-35、P.40

・ 『生きて行く私(中公文庫)』
 (宇野千代 中央公論社 平成4年発行) P.148-150

■ 参考サイト:
Masaya Saitou's Nature Explorer/品川・大井・入新井/地名変遷→
美作(みまさか)/少し 「東郷青児」 のことを書いてみます→
東京紅団/野口冨士男の鈴ヶ森散歩(ポプラハウス編)→
阿波人形浄瑠璃の世界/人形師の段/阿波の人形師→

ウィキペディア/宇野千代(平成27年2月3日更新版)→
ウィキペディア/おはん(平成27年1月17日更新版)→

※当ページの最終修正年月日
2017.8.5

この頁の頭に戻る