久米正雄

久米正雄

くめ・まさお。明治24年長野県上田生まれの小説家。小学校長だった父が自死し、母の故郷福島で育つ。帝大文学部英文科卒。第三次・第四次「新思潮」の創刊に関わる。「純文学」という言葉を初めて用いた。日本文学報国会の常任理事。鎌倉文士の中心的存在で、鎌倉カーニバル、鎌倉文庫、鎌倉ペン・クラブを発起した。作品は『破船』『月よりの使者』など。昭和27年(60歳)死去。参考サイト:ウィキペディア/久米正雄→

※「パブリックドメインの写真(根拠→)」を使用しました 出典:ウィキペディア/久米正雄(平成26年12月11日更新版)→

戻る 閉じる 「馬込文学マラソン」 のホームページへ→