宇野千代

宇野千代

うの・ちよ。明治30年山口県岩国生まれの小説家。24歳の時改造社の懸賞小説で1位を取りデビュー。聞き書き体で『色ざんげ』『おはん』などを書いて人気を博す。日本初のファッション雑誌「スタイル」を創刊。着物のデザインショーを開く。『生きて行く私』(85歳〜)もヒット、自由奔放な生き方が共感を呼ぶ。馬込文学圏(南馬込四丁目)に尾侮m郎と住んだのは大正12年〜昭和5年。平成8年(98歳)死去。[馬込文学マラソン] 宇野千代の『色ざんげ』を読む→

※「パブリックドメインの写真(根拠→)」を使用しました 出典:ウィキペディア/宇野千代(平成25年10月14日更新版)→

戻る 閉じる 「馬込文学マラソン」 のホームページへ→