菊富士ホテル

菊富士ホテル

きくふじ・ほてる。明治29年東京本郷に菊富士楼として開業。菊は経営者の妻菊江と近くの菊坂から。大正3年(大正博覧会の年)菊富士ホテルとなる。竹久夢二広津和郎高田保谷崎潤一郎正宗白鳥尾侮m郎坂口安吾大杉栄伊藤野枝中条百合子宇野千代石川淳福本和夫など多くの文化人が逗留。昭和19年3月売却され、昭和20年3月10日の東京大空襲で焼けた。参考サイト:Play Back 写真紀行・旅おりおり/本郷菊富士ホテル跡→

※「パブリックドメインの写真(根拠→)」を使用しました 出典:空閨残夢録/大正八年本郷菊富士ホテル→

戻る 閉じる 「馬込文学マラソン」 のホームページへ→