(C) Designroom RUNE
総計- 本日- 昨日-

{column0}

関口良雄『昔日の客』を読む/懐かしいお客さん

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

古本屋には、いろいろな客がやって来る。 こんな客もいたそうだ。

青年は、日に一度は必ず、時には二度も店に来る。 しかし買うことはまれで、買ったとしても粘ったあげくに値下げ本。 さらには値引き交渉もする。 ある日、主人は青年を叱った。 「うちも商売でやっているんだからね」 と。

数ヶ月して、青年は 『ブールデルの彫刻作品集』 をカウンターに持ってきた。 その本は当時の1,500円で高価なものだ。 主人は驚く。 ・・・そして、何年かが過ぎた。

ある日のこと、その古本屋に一本の電話がある。

・・・「もしもし、関口さんですか」
夜の九時頃だった。
「はい、関口ですが、どなたですか」
「野呂邦暢です」
「野呂邦暢さんと言うと、今度 『草のつるぎ』 で芥川賞を受賞された方ですね、何かご用でしょうか」・・・
(『昔日の客』 より)

「関口さん」 とは、この古本屋の主人の関口良雄だ。 かつて関口が叱った青年は、後に芥川賞を取ったようなのだ。

野呂は電話口で、当時を懐かしげに語った。 『ブールデルの彫刻作品集』 をカウンターに持っていくと、関口は理由を尋ねたという。 野呂は、東京を離れること、そして今を逃したらこの本に再び出会えないかもしれないと思って覚悟を決めたと話した。 関口は 「それでは」 とスパッと値引いて後は受け取らなかったという。 そして、店を後にする野呂にエールを送ったというのだ。 野呂の話には感激がこもっていた。 野呂の話で関口も当時を思い出すのだった・・・。

この 『昔日の客』 には、こういった古本屋を通して出会った人達との心の交流がいろいろ書かれている。


『昔日の客』 について

古本屋 「山王書房」 主人関口良雄の随筆集。 妻洋子氏と息子の直人氏が勧め、還暦記念に出版される予定だった。 その頃の関口の日記には 「自分の本ができるなんて本当に夢のようだ。 涙が出るほどうれしい」 とある。 しかし、本の完成間際、関口は死の床にあった。 出版されたのは、関口の没後約1年しての昭和53年10月30日。 発行は三茶書房。 あとがきを息子の直人氏が書いている。 平成22年、夏葉社から復刊された。

三茶書房版『昔日の客』(関口良雄) 夏葉社版『昔日の客』(関口良雄)
初版された三茶書房版の『昔日の客』 。右下のワンポイントは、関口の俳名 「銀杏子」 から。型押し後、金が乗せてある 夏葉社から再刊された『昔日の客』

関口良雄について

山王書房の関口良雄

山王書房における関口良雄。 奥の山王書房と書かれた扁額は尾崎士郎の筆による。昭和41年撮影 ※ご家族から掲載許可をいただきました

兄姉を頼って上京、体を壊す
大正7(1918)年2月11日、長野県飯田市の米屋で生まれた。 9人兄弟(内女性2人)の6男。 小学校卒業後、姉を頼って上京(目黒区大岡山)。 兄が経営する名刺の紙屋でバイクに乗って営業した。後に大田区長原で新聞販売店を営む別の兄のところで働きながら錦城中学に通うが、体を壊して退学。 昭和20年(27歳)、横須賀の海軍に入隊するが、十二指腸潰瘍を患い霞ヶ浦の海軍病院に入院。 そこで終戦を迎えた。

粋狂の古本屋
戦後、新聞連盟関東本部に勤めるが、連盟解散後は文星閣印刷に入社(昭和23年30歳)。翌年、結婚。文学熱が高じ、給料の大半が古書に化けた。昭和28年(35歳)、日本近代文学専門の古書店 「山王書房」 を開店。 昭和38年(45歳)、「上林暁文学書目」、翌39年には 「尾崎一雄文学書目」 を自費で発行。 発行後、書籍の散逸を望まず、両名の全著作(初版 91点)を日本近代文学館に寄贈した。

作家との交流
古書販売業のかたわら俳句や書に親しみ、昭和45年(52歳)には、尾崎一雄(71歳)上林暁(68歳)木山捷平(66歳)山高登(44歳)らと五人句集 『群島』 を作った。 加藤楸邨主宰の 「寒雷」 や同人誌 「風報」 にも寄稿する。

作家とさかんに交流し、それらの人の著作に関口はしばしば登場する。 尾崎一雄の 『口の滑り』 (昭和38年「新潮」 。翌年NHKでドラマ化)。 木山捷平の 『酔いざめ日記』 (昭和50年)、沢木耕太郎の 『バーボンストリート』 (昭和59年)など。 青木正美の 『古書店奇人伝』 でも、関口のことが詳しく紹介されている。

自宅で亡くなる
昭和52(1977)年4月、大森赤十字病院に入院。 7月末に丸山ワクチンによる自宅治療に切り替える。

「なつかしき 我が家に戻り 水引草」 (銀杏子)

同年8月22日の朝、自宅で静かに息を引き取る。 満59歳。 結腸癌だった。 墓所は、浦和の真福寺( ) 。

作家別馬込文学圏地図 「関口良雄」→


関口良雄と馬込文学圏

昭和28年(35歳)4月25日、関口は馬込文学圏(中央一丁目)に日本近代文学専門の古書店 「山王書房」 を開店。 亡くなる昭和52年まで24年間営業した。

関口の商売と人柄を意気に感じ、多くの人が訪れ親交した。

矢部堯一
開店直後の客。 矢部の紹介で関口尾崎士郎と知り合う 

尾崎士郎
終生親交する 

長岡輝子
店の上がりかまちで長話する間柄 

萩原葉子
長電話したり、散歩したり、一緒に鰻を食べたり

小田切進
「いい本がたくさん並んでいて、心臓がどきどきした」という。 山王書房の近くに住みたいと言っていた

保昌正夫
大森や新橋で飲んだ仲

野呂邦暢
昭和31年頃(野呂19歳)、山王書房から歩いて1分もかからないところに下宿して会社勤めしていた。 毎日のように山王書房に通った。 詳しくは冒頭の文章に

三島由紀夫瑤子夫妻
夫妻で来ることも、三島が一人で来ることもあった。 蒲田(東京都大田区)のボディービル・ジムへの行き帰りに寄った。 山王書房の棚に自分の本を見つけて 「署名しましょうか?」 とおどけた。 「けっして悪い感じの人ではなかった」 とは、関口三島の印象

・ 平岡梓
三島由紀夫の父親。 「君んとこは小説本ばかりだなー、何か川柳の本はないか」 とのたまった

尾崎一雄
並んでいる本を見て 「本好きが昂じて古本屋になったらしいね」 とお見通し。 蔵書を買い取りに尾崎邸に通ううちに親交するようになった

沢木耕太郎
実家が山王書房の近くにあり、里帰りのおり立ち寄った。 沢木の 『バーボンストリート』 にその時のことが書かれている。 関口は話したそうにしたが沢木は黙っていた。 数冊取り置きしておいてもらっているうちに、関口は亡くなった

山高登
上林暁の話で意気投合。一緒に酒を飲んだり、旅に出たり。関口の『昔日の客』の口絵に手刷り版画を添えた

和久田誠男
歩いて3分ほどの所に家があり、中学生の頃から山王書房によく通った。 晩年に開業した古書店 「天誠書林」 は山王書房を彷彿とさせた


参考文献

●参1: 『昔日の客』 (関口良雄 三茶書房 昭和53年) P.118-119 ●参2:復刻版 『関口良雄さんを憶う』 (編集人:尾崎一雄 夏葉社 平成23年)P.18、P.47、P.59、P.66、P.70 ●参3: 『古本屋奇人伝』(青木正美 東京堂出版 平成5年) P.138-158 ●参4: 新潮文庫 『バーボン・ストリート』
 (沢木耕太郎 新潮社 平成元年) P.221-238 ●参5: 『わが町あれこれ 第2号』 (編集:城戸昇 あれこれ社 平成6年) P.28 ※東京都大田区立図書館の複数が所蔵(公式HP)→ ●参6: 『わがまち新井宿(第56号)』(平成24年4月1日発行)※〜新井宿ゆかりの文学紹介〜 関口良雄著 『昔日の客』(寄稿:関口直人)※ リンク(PDF)→


参考サイト

西荻ブックマーク/●『昔日の客』を読む〜大森・山王書房ものがたり〜→ ●『昔日の客』 復刊応援特集→ ●「大森・山王書房の旅」 レポート→ ●関連資料→ ●昔日の客→

Kanecoの日記/『昔日の客』 への旅→


謝辞

ご子息の関口直人様から内容上のことでご指導いただきました。また、お写真の掲載の許可をいただきました。ありがとうございます。

※当ページの最終修正年月日
2016.6.7

この頁の頭に戻る