{column0}


(C) Designroom RUNE
総計- 本日- 昨日-

{column0}

仮面を剥ぐ(三島由紀夫、初の私小説について手紙に書く)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

三島由紀夫

昭和23年11月2日(1948年。 づけで、三島由紀夫(23歳)が、河出かわで書房の編集者・坂本一亀かずき (26歳)(坂本龍一さんの父親) に手紙を書いています。

・・・今度の小説、生れてはじめての私小説で、もちろん文壇的私小説ではなく、今まで仮想の人物に対して いだ心理分析の刃を自分に向けて、自分で自分の生体解剖をしようといふ試みで、出来うる限り科学的正確さを期し、ボオドレエルのいはゆる「死刑囚にして死刑執行人」たらんとするものです。相当の決心を要しますが、鼻をつまんで書きます。

三島はすでに、16歳で書いた『花ざかりの森』や、19歳から20歳にかけて書いた『中世』『煙草』などである程度知られていました。22歳で東大法科を卒業すると大蔵省に任官しますが、およそ8ヶ月後、 坂本が大蔵省に三島を訪ね、長篇の書き下ろしを依頼、 三島はその一本にかける覚悟で、5日後に辞表を出します。上の手紙はその2ヶ月後のもの。

その「生れてはじめての私小説」が『仮面の告白』です。タイトルどおり、三島はこの小説で、自らの「仮面(上っ面)」を意識し、それを剥ごうとします。現在よりも同性愛に対して偏見が強かった時代に、この年齢にして、自身の同性愛的傾向にも言及。心理学者の望月 まもる や精神病理学者の式場隆三郎しきば・りゅうざぶろう にも助言してもらっています。

『仮面の告白』後、三島は、自身のだけでなく、話題の人物の仮面も剥いでいきます。『青の時代』(昭和25年。25歳)では闇金融「光クラブ」の山崎 晃嗣 あきつぐ 『金閣寺』(31年。31歳)では金閣寺放火犯の林 養賢、『宴のあと』(昭和35年。35歳)では元外務大臣の有田八郎を取り上げました。

『宴のあと』では、三島と版元の新潮社が有田側からプライバシー侵害で訴えられます。「プライバシー」と「表現の自由」の相克が日本で初めて可視化された事例だそうです。嫌われるのが恐いようでは表現者・発信者は務まらないかも?

------------------------------------------------------

小島政二郎

小島政二郎は執筆上の信条を次のように書いています。

・・・自分で自分に裸になることだった。裸になるには、自分を小説のモデルにして四方八方からリアリズムの光りを浴びせて観察し解剖することだった。そうして小説に書いて世間に発表して、江戸時代の罪人を日本橋の橋の たもと で三日間 さら し物にしたように、我れと我が手で自分の醜態を天下の晒し物にすることだった。・・・(小島政二郎『眼中の人』より)

小島は、自分のことだけでなく、人のことも徹底的に晒すので、恐れられもし、嫌われもしました。作家間では、何を書かれるかわからないので、小島より先に死んではいけない、と囁かれたとか(笑)。

------------------------------------------------------

小島政二郎

葛西善蔵も、小説『遊動円木』 で知り合いの広津和郎を不様に描き、広津から絶交されています。 今際 いまわ きわ で葛西が和解の握手を求めても、広津は握り返さなかったそうです。

萩原葉子

萩原葉子も『天上の花』で、自らの文学上の師・三好達治について相当つっこんで書いています。三好が読んだら卒倒しそうです。師匠だからといって小説家は手を緩めません。萩原葉子の息子の萩原朔美さくみ さん(映像作家)は、そんな母を見て「もの書きの女性には近づかない」との教訓を得たとか(笑)。

室生犀星

室生犀星も『浮気な文明』『熊』『青い猿』『白いうじ と勇士』といった小説で、近しい人たちの書かれたくないこと(家庭内のごたごたや、皮肉な人物評など)を書きまくっています。親友の萩原朔太郎のことも相当つっこんで書いています。ここらへんの文壇事情に詳しい近藤富枝は、「朔太郎が名誉毀損で訴えるか、絶交をしなかったことが不思議なくらい」と書いています。

尾﨑士郎は小説『空想部落』で吉田甲子太郎きねたろうをこっけいに書いて吉田から叱られ村松梢風の場合はもっと深刻で、川島芳子について書いた『男装の麗人』は戦後彼女が漢奸かんかん (中国における国賊)として裁かれる証拠となり、彼女は後に処刑されたとされます。徳富蘆花は『 不如帰 ほととぎす 』で登場人物の継母を冷酷に描いたため、モデルの女性に世間から厳しい批判が集まったとか。近年では、柳 美里さんが小説『石に泳ぐ魚』でモデルにした知り合いから訴えられ、敗訴しています。

自らの仮面を剥げば(カミングアウトすれば)、自らが傷つくこともあるでしょうし、他者の仮面(仮面であるか否かはおいておいて)を剥ごうとすれば、他者を傷つけることもあるでしょう。だからといって、上っ面だけ書かれたものはつまらないし、もはや存在する意義があるか疑われます。『人は見た目が9割』とかいった本がベストセラーになりましたが、そういった“表層主義”は文学とは無縁でしょう。主観を極力排して“真実”に少しでも近づくべく悪戦苦闘するか、または全くの仮想世界に“真実”を宿らせるか・・・

三島由紀夫 『仮面の告白 (新潮文庫) 』 小島政二郎 『小説 永井荷風 (ちくま文庫) 』。この一作で、小島は荷風から一生もんの恨みをかった。川本三郎氏や丸谷才一が絶賛
三島由紀夫 『仮面の告白 (新潮文庫) 』 小島政二郎 『小説 永井荷風 (ちくま文庫) 』。この一作で、小島荷風から一生もんの恨みをかった。川本三郎氏や丸谷才一が絶賛
萩原葉子 『天上の花 ~三好達治抄~』 山田隆司 『名誉毀損 ~表現の自由をめぐる攻防 (岩波新書)』
萩原葉子 『天上の花 ~三好達治抄~』 山田隆司 『名誉毀損 ~表現の自由をめぐる攻防 (岩波新書)』
エレファントカシマシ 『エレカシ自選作品集 EMI 胎動記』。「化けの皮剥ぎにでかけようぜ」の快作『ガストロンジャー』を収録 Youtube→ うたまっぷ→
エレファントカシマシ 『エレカシ自選作品集 EMI 胎動記』。「化けの皮剥ぎにでかけようぜ」の快作『ガストロンジャー』を収録 Youtube→ うたまっぷ→

■ 馬込文学マラソン: 
三島由紀夫の『豊饒の海』を読む→
川端康成の『雪国』を読む→
小島政二郎の『眼中の人』を読む→
広津和郎の『昭和初年のインテリ作家』を読む→
萩原葉子の『天上の花』を読む→
三好達治の『測量船』を読む→
室生犀星の『黒髪の書』を読む→
萩原朔太郎の『月に吠える』を読む→
尾﨑士郎の『空想部落』を読む→

■ 参考文献:
●『三島由紀夫研究年表』(安藤 武 西田書店 昭和63年発行)P.63-79 ●『決定版 三島由紀夫全集(38)』(新潮社 平成16年発行)P.507 ●『小島政二郎全集 第十二巻』(鶴書房 昭和42年発行)P.93 ●『死んだら何を書いてもいいわ 母・萩原葉子との百八十六日』(萩原朔美 新潮社 平成20年発行)P.218-219 ●『馬込文学地図』(近藤富枝 講談社 昭和51年発行)P.126-134

■ 参考サイト:
ウィキペディア/三島由紀夫(平成29年9月27日更新版)→
ウィキペディア/仮面の告白(平成29年6月18日更新版)→
ウィキペディア/坂本一亀(平成28年2月3日更新版)→
ウィキペディア/宴のあと(平成29年9月19日更新版)→
ウィキペディア/柳 美里(平成26年5月21日更新版)→
ウィキペディア/石に泳ぐ魚(平成29年3月2日更新版)→

高橋輝次の古書往来/42.豊田三郎と紀伊国屋出版部→

※当ページの最終修正年月日
2018.11.2

この頁の頭に戻る