{column0}


(C) Designroom RUNE
総計- 本日- 昨日-

{column0}

関東大震災、そのとき作家たちは…(大正12年9月1日、関東大震災、発生。当地ゆかりの人物たちはどうだったか)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

多摩川近くの地割れ ※「パブリックドメインの写真(根拠→)」を使用 出典:『大田区史(下)』

 

大正12年9月1日(1923年。 午前11時58分、関東南部を直下型地震が襲います(「関東大震災」)。 夥しい数の建物が倒壊し、昼食の準備時だったことから方々で出火、延焼して、日本災害史上最大級の被害がでます。190万人が被災し、10万5千人あまりが死亡または行方不明になったそうです。

当地(東京都大田区)も大きく揺れました。特に海に面した所は液状化現象が起きて被害が大きかったようです。

都心はさらなる惨状で、当地(東京都大田区)などの郊外に人が流れてきます。関東大震災をはさんで大正10年から昭和6年までの10年間で、馬込町は人口が8倍近くにふくれ上がりました。この頃当地で作家が増えたとされますが、増えたのは作家だけではなかったのです。

------------------------------------------------------

関東大震災のとき、当地(東京都大田区)の作家たちはどうだったでしょう?

宇野千代 尾崎士郎

宇野千代(26歳)は、大森駅近くの郵便局(現・「大田山王郵便局」。東京都大田区山王二丁目5-7 map→)から出ようという時、揺れにあいました。尾﨑士郎(25歳)と住んでいた馬込の家(大田区南馬込四丁目28-11 map→)は無事でしたが、暴徒化した朝鮮人が襲ってくるとのデマが飛び交い、二人は恐れて天井裏に隠れ息をひそめました。

池部良

5歳の池部 良は、家(東京都大田区中央四丁目)の庭で弟と水遊びをしていたそうです。 父(池部 鈞)が真っ先に母を助けるのを見て、子ども心にも「父は子どもより母なんだな」と悟り、心理的に親離れできたとか。

堀口大学 佐藤春夫

同年(大正12年)7月、5年間の外遊から帰朝した堀口大学(31歳)が当地の「 望翠楼 ぼうすいろう ホテル」(東京都大田区山王三丁目34-13 map→)に投宿、彼の帰朝を楽しみにしていた佐藤春夫(31歳)も、東京四谷のアパートを引き払って同宿します。二人はここで揺れにあいました。

徳富蘇峰(60歳)の一家は、山王草堂(東京都大田区山王一丁目41-21 map→。翌大正13年から住み始める)ができるまで近くの中田邸に仮寓していたようです。蘇峰は出先の神奈川県逗子で揺れにあっています。

村岡花子(30歳)は、当地(東京都大田区中央三丁目12-4 map→)の自宅で遭遇。長男の道雄(2歳)に物語を聞かせたあと昼食の準備に立とうという時でした。家は無事でしたが、夫が経営する「 福音ふくいん印刷」の工場(横浜市山下町)は崩壊し、義弟と70名もの職人が亡くなります。会社は倒産、多額の負債ができました。

------------------------------------------------------

質屋 「きねや」(現・銀座七丁目)の店員だった山本周五郎(20歳)は店の使いか何かで南麻布の天現寺に来ていて、そこで揺れにあいました。無事でしたが「きねや」 は焼失。新天地を求めて大阪方面へ旅立ち、そのおりに「大阪朝日新聞」に地震の体験記を書き生まれて初めての原稿料を得ます。

佐多稲子(19歳)は、日本橋丸善で揺れにあいました。 当時洋品部の店員だったのです。 丸善ビルは崩壊しましたが、 「外に出ろ!」 の指示に従って危機一髪命拾いしています。

添田知道(21歳)は、東京下谷(現・台東区)で被災。焦土の中でたくましく生きる人々を、「復興節」YouTube→でユーモラスに謳い上げます。

北原白秋(38歳)は、妻の菊子と生まれたばかりの長男隆太郎と小田原の自宅で揺れにあいました。 2階にいた白秋は階下の家族を助けようと階段を降りかけますが、階段が崩壊。 運良く軽傷で済んだようです。 小田原は震源が近く都心より揺れが大きかったようです。

今井達夫(19歳)は、東京神田の駿河台辺りを歩いていて遭遇。3日かけて神奈川県鵠沼の実家に戻りますが、家は壊れていました。被災者の遺体の焼却を手伝ったそうです。

日本における登山の先駆者辻村伊助(日本人で初めてヨーロッパ・アルプスの厳冬期の4,000m峰に登頂)は、辻村もと子の伯父に当たる人です。彼は箱根湯本に自ら作った高山植物研究のためのロック・ガーデンで、ローザ夫人と3人の息子とともに被災、土石流に押し流されて5人とも亡くなりました。

堀 辰雄(18歳)は、この地震で母親を亡くしています。北園克衛(20歳)は銀座でデッサン中でした。辻 潤(40歳)は、川崎で揺れにあったとか。「読売新聞」の記者だった子母沢 寛(31歳)は、新築されたばかりの社屋で遭遇。 思わず 「号外、号外」 と叫んだら、「号外どころでない!」 とどやされたとか。堺 利彦(52歳)は、第一次共産党事件で市谷刑務所の未決監に拘留されており、そこで遭遇。芥川龍之介(31歳)は、東京田端の自宅にいました。 家族よりも自分第一で逃げたため、 ふみ 夫人に叱られています(笑)。間宮茂輔(24歳)は、渋谷道玄坂下の芸術社に出社していてそこで揺れにあいました。社屋は崩壊。 間宮は縁先の木によじ登ってかろうじて助かったそうです。

大森貝塚の発見者モース(85歳)は、米国で関東大震災の報に接し、自らも教鞭をとった東京帝国大学の図書館も壊滅したことを知ります。 彼は一度書いた遺言を書き改めて、自らの全蔵書を東京帝国大学に寄付しました。

小島政二郎(29歳)は震災での苦難を一冊の本(ロマン・ローランの『ジャン・クリストフ』)を糧に乗り越えます。

本門寺(東京都大田区池上一丁目 1 map→)の「帝都震災殃死(おうし)者之霊供養碑」。此経難持坂を上って右手の日蓮像に向かって右手にある 洪水時の急流から岸を守るために設けられたという「五十間鼻(ごじゅっけんばな)」。水難者がたどり着くことも多く、関東大震災のときもそうだった。右手に供養のための仏堂がたつ
本門寺(東京都大田区池上一丁目 1 map→)の「帝都震災殃死(おうし)者之霊供養碑」。此経難持坂を上って右手の日蓮像に向かって右手にある 急流から岸を守る「五十間鼻(ごじゅっけんばな)」(東京都大田区羽田六丁目11-5 map→)。水難者がたどり着くことが多く、関東大震災のときもそうだった。右手に供養のための仏堂がたつ。当地の大林寺(東京都大田区大森中二丁目 7-19 map→)にも震災の供養塔がある

 

『写真集 関東大震災』。編集:北原糸子 石井正己 『文豪たちの関東大震災体験記 (小学館101新書) 』
『写真集 関東大震災』。編集:北原糸子 石井正己 『文豪たちの関東大震災体験記 (小学館101新書) 』

■馬込文学マラソン:
宇野千代の 『色ざんげ』 を読む→
尾﨑士郎の 『空想部落』 を読む→
片山広子の 『翡翠』 を読む→
辻潤の 『絶望の書』 を読む→
山本周五郎の 『樅ノ木は残った』 を読む→
間宮茂輔の 『あらがね』 を読む→
堀辰雄の 『聖家族』 を読む→
子母沢寛の 『勝海舟』 を読む→
芥川龍之介の 『魔術』 を読む→
佐多稲子の 『水』 を読む→
北原白秋の 『桐の花』 を読む→
小島政二郎の『眼中の人』を読む→

■参考文献:
●『大田区史(下巻)』(東京都大田区 平成4年発行) P.377-385 ●『馬込文士村ガイドブック(改訂版)』(東京都大田区立郷土博物館編・発行 平成8年) P.87-89  ● 『生きて行く私(中公文庫)』 (宇野千代 平成4年発行) P.126 ● 『風が吹いたら』(池部 良 文藝春秋 昭和62年初版発行 平成8年8刷参照) P.9-11 ● 『山王コラム』(後藤浅次郎)※「今は知る人もない中田別荘秘話」(平成11年) P.1 ●『蘇峰自伝』(徳富猪一郎 中央公論社 昭和10年発行) P.497-498 ●『堀口大学 ~詩は一生の長い道~』(長谷川郁夫 河出書房新社 平成21年発行)P.344-349 ● 『六頭目の馬 ~間宮茂輔の生涯~』(間宮 武 武蔵野書房 平成6年発行) P.97-99 ● 『カバンのなかの月夜 ~北園克衛の造形詩~』(金澤一志監修 国書刊行会 平成14年発行) P.129 ● 『物語の娘 宗 瑛を探して』(川村 湊 講談社 平成17年発行) P.163-167 ● 『パンとペン ~社会主義者・堺 利彦と「売文社」の闘い~』(黒岩比佐子 講談社 平成22年発行) P.404 ● 『子母澤 寛 ~人と文学~』 (尾崎秀樹 中央公論社 昭和52年発行) P.34 ● 『大田区の近代文化財(大田区の文化財 第十七集)』(東京都大田区教育委員会 昭和56年発行) P.28-29 ● 「文士が体験した関東大震災」(川本三郎)※「図書(751号)」(岩波書店 平成23年発行) 所収 ● 『馬込文学村20年』 (今井達夫 平成24年発行) P.153 ●『馬込文学地図』 (近藤富枝 講談社 昭和51年発行) P.29 ● 『箱根の文学散歩』(箱根文学研究会 かなしん出版 昭和63年発行)P.30-35 ● 『辻村もと子 人と文学』 (加藤愛夫 いわみざわ文学叢書刊行会 昭和54年発行)P.66、P.364

■参考サイト:
・ ウィキペディア/●関東大震災(平成27年8月18日更新版)→ ●エドワード・S・モース(平成25年4月8日更新版)→

土取利行・音楽略記/「桃山春衣の音の足跡」番外篇 東北関東大震災に寄せて→

ある自分史/我が小無線史(2)/ラジオ放送の歴史→

歴史地震研究会/[講演要旨] 東京の街に残る関東大震災の跡(PDFファイル)→

大田区公式観光サイト/ 五十間鼻→

※当ページの最終修正年月日
2018.9.5

この頁の頭に戻る